ワンダーランド公式LINE@

■グループ新台情報

■最新の記事

店舗ブログ

ワンダーランド各店舗が日々の奮闘を日記でご紹介しています

ワンダーランド中津米山店】 2018/07/10日

着ぐるみ師の観光地案内。

 

ドモコニチワ。

 

中津の着ぐるみ師トラ こと、班長Fで御座います。

 

最近、すっかり熱くなってきましたね。

巷ではそろそろ夏休みの時期に入ってきますが、

今日は中津の観光地で涼しげな場所を

紹介させて頂きたいと思います。

 

それはこちら……

割とメジャーですが、耶馬渓です(笑)。

 

本耶馬渓(ほんやばけい)は、青の洞門や競秀峰(きょうしゅうほう)を中心とする山国川上流一帯の名称です。

 

小説『恩讐の彼方に』で名高い、青の洞門入口です。

明かり採り窓等の一部に手掘りのノミの跡が残っています。

 

 

左側は車両通行用のトンネルになっています。右側が、禅海和尚の手掘り跡です。

 

現在では階段や手すりなどが加えられています。

 


 

最初に開けられた明り取りの窓です。

窓から覗いた風景はこんな感じです。

掘り間違えなどもあったようです(笑)。

いったん車道に出ます。

車道から先ほどの通路を。

車道から少し進むと、現在も残っている手掘り跡があります。

この看板が目印です。

この階段から降りていきます。

入口。コンクリートで補強されています。

内部はこんな感じです。

そのままになっているのは壁だけで、床や階段は現在の技術で作り直されています。

車道の反対側に出てきました。

禅海(ぜんかい)和尚の像です。
禅海和尚は隧道を開通させた後は利用者から通行料を徴収したことから国内初の有料道路とも言われています。

お土産屋の駐車場から競秀峰を。

橋の上からの風景です。

8つの岩が連なる岩山は、『競秀峰(きょうしゅうほう)』と呼ばれています。耶馬渓を代表する景勝地です。
間近で見た景色はまさに絶景でした。

耶馬渓の川は、『自然水族館』という名前が付けられているそうです。
「ただの川じゃん」は多分禁句(爆)。

川にはコイや白鳥が居ました。

エサやりは自由だそうです。

川岸はきちんと整地されています。お弁当でも食べると楽しそうです(笑)。

 

続いて、耶馬渓付近にある『耶馬渓橋』も併せて紹介致します。

耶馬渓橋。別名『オランダ橋』と呼ばれる、日本で唯一の8連アーチの石橋です。
全長116mの長さは日本一、だそうです。

 

といったところで、今日はこの辺で。

 

中津の着ぐるみ師トラ ・班長Fがお送りしました~。(^_^)/


トラックバックURL: http://www.wonderland.gr.jp/tb.cgi/12605

コメントを書く

コメント(0)

トラックバック(0)