ワンダーランド公式LINE@

■グループ新台情報

■最新の記事

店舗ブログ

ワンダーランド各店舗が日々の奮闘を日記でご紹介しています

ワンダーランド谷山店】 2019/03/16日

KOMUGIKO

 みなさまこんばんわ

 

 

ゲームは飽きました

はぁさんです

モンハ〇ンも

『ほとんど進んでないし、またやればいいや』

と躊躇することなく消去しました

周りはビックリしていましたが

そのびっくりにこっちがびっくり

 

 

さて 今回は

兄とのバトル

『小麦粉事件』

普段おとなしい子が怒ったら怖いよ~というお話です

 

さっそくいきましょう

 

 

 

まずその事件の原因は

はぁさんが一生懸命作ったエプロン。

大嫌いな家庭科の授業で作成したもので

糸はピョンピョン

ミシンはガタガタ

で散々なもの。

不器用ですから…

 

しかし大事に大事に

タンスの肥やしになっていたエプロンです

 

 

 

ある日お家に帰ると

兄がお菓子を作ろうとしていました

その時目に映ったものは

タンスの肥やしになっていたはずの

あのエプロン…

 

その瞬間ケンカ腰の妹

『なんで私のエプロン使ってるの!?』

自分の物を勝手に使われるのが許せませんでした

 

少しびっくりしていた兄

『タンスにあったから使っただけ!』

 

 

 

ここから言い合いが始まります

 

会話は飛ばしますが

最終的に兄が禁断の一言を

言い放ちます

 

 

 

『大して上手なエプロンじゃないのに!』

 

 

あっ…!

チッ…チミはっ…!

言ったらいけないその言葉をっ…!!

言ったねっ…!!

 

 

 

本人が

『うまく作れなかったなぁ…』

と気にしていた事を

真正面からドストレートに

言い放った兄に対し

間髪入れず掴みかかった妹

 

しかし敵うはずもなく

『もういい!』

と捨て台詞を吐き

2階へ上がろうと回れ右をした瞬間…

私の顔の横を何かがかすめていきました

 

 

お菓子を作ろうとしていた兄

そしていつもおとなしい兄が

近くにあった小麦粉(未開封)を投げていました

 

幸いかすめただけ。

小麦粉自体も大惨事になりませんでしたが

確実に頭(後頭部)を狙ってきていました

 

 

後頭部を狙った本能的な攻撃に

『あれが粉ではなく硬い物だったら…』

と一瞬恐怖

 

ただ柔らかい小麦粉を選んだのは

のやさしさだったのかもしれません…

 

ケンカばかり吹っ掛けて

申し訳御座いませんでした…

 

 

ただそのあたりから

兄とは全く喋らなくなりました

今はめちゃくちゃ仲良しです

 

 

今回はこのぐらいにしましょう

 

 

 

 

 

 毎度毎度

長編になってしまい

誠に申し訳御座いません…

  

 

 

次回は

【未定】

です

 なんか面白い事ないかなぁ…

 

では

See You Next Time

 

 

ばいばいきーん

 

 

 


トラックバックURL: http://www.wonderland.gr.jp/tb.cgi/13757

コメントを書く

コメント(0)

トラックバック(0)